コンテンツ
印刷の頼み方
オンライン入稿/FTP入稿ガイド
ワード、エクセル、パワーポイントのオフセット印刷
製品・サービス
知る
会社概要
印刷会社 恒信印刷 コーシン出版

恒信印刷株式会社
〒173-0004
東京都板橋区板橋2-28-8
コーシンビル3階
TEL:03-3964-4511
FAX:03-3964-4569
URL:http://www.ko-sin.co.jp
E-MAIL:top@ko-sin.co.jp

営業時間
平日9:00~18:00
(時間内に来社できない場合はお電話下さい。できるだけお待ちします。)
日曜・祝日は休業

関連実績

七人のおたく
映画にも出てきた会社です。
吉田社長のブログ「社長の成功日記」
吉田和彦の著書「ヒトがいない、カネがない、仕事がない 社長、ネットがありますよ」
マスコミ関連実績
講演実績
特許実績

マスコミ取材・
講演依頼はこちらへ
担当:吉田
TEL:03-3964-4511
E-MAIL:top@ko-sin.co.jp

加盟団体
社団法人日本グラフィックサービス工業会
社団法人東京グラフィックサービス工業会
東京都印刷工業組合
日本同人誌印刷業組合
日本映像事業協同組合賛助会員
いたばしデザインサポート
関連サイト
同人誌印刷のコーシン出版
一般印刷物の恒信印刷
ホームページ制作webコンサルタント
小冊子

用途いろいろ小冊子は手軽に作れる。
営業ツールとして使えば強力な武器になります。


しかも総額
14,680円~で作れる。 思ったより安くないですか?


全国の社長さん、営業、起業家の皆さん
、物を売ったり成約をとったりしたいけどなかなか苦戦してませんか?まして初対面の方にどうやってアピールしてますか?

会社案内を渡してもイメージ写真とか商品の写真や数値がならべてあったり、お金をかけてキレイに商品を撮影してカタログを作ってはみたものの、カタログの写真のキレイさでお客さんは買う気になりますでしょうか?

その前に「うわ、営業の人が来た、なんか買わされる・・・・」あなたの目の前のお客さんはもう逃げモードに入っています。

だれでもいきなり売り込まれるのはいやなものです。

話術、コミュニケーションの達人ならうまくお客さんの
ハートをつかんで成約にもっていくと思いますがそうでない人はお客さんに逃げ切られておしまい。ということになってしまいます。

それ以前に興味のないものを売り込まれても、そうとう魅力的な商品でないかぎりすぐには成約することは難しいでしょう。そんなものいらないと言われておしまいです。

しかし、売り込みではなく情報提供だったらどうでしょう?

○○を買う前にこれは知っておいたほうがいいですよ。とか
「○○選びの3つのポイント。」などの情報をお客様に伝えるのです。

すると普段は必要と思っていなくてもこういった内容の小冊子を見たら、買う気になったり興味がわいてくるのではないでしょうか。

そうなれば
営業はすごく楽になります。
小冊子を作ってお客様に配るだけ。そうするとお客様のほうから問い合わせをしてくれます。

こういった情報提供、お客様から興味をもってもらう段階をふまないで、いきなり営業がお伺いしても労力がかかるでしょう。
「1日何件訪問」とかノルマを決めてビルの上から下まで手当たり次第にお伺い。疲れるし効率はよくないし。
じゃまもの扱いされて精神的にもよくない。

私の経験からも言えるのですがいきなり営業トーク、商品説明、売り売りで迫るとお客さんはなんとか逃げようとガードをかたくしてしまいます。説明している間にお客様は言い訳を考えています。

しかし、世間話やお客さんの今興味のありそうなこと、困っていること、趣味などの話から入ると以外に普通に会話ができて、その後の仕事の話もスムーズにとすすんでいったりします。

相手のことがわかると安心するし頼みやすいですよね。どんな人やものかわからない状態では買う気になりません。

まず相手のことを理解する。そして
自分のこと、商品のことをいろいろ出来るだけわかってもらう・・・・・・・・・・

売り込むのではなく教えてあげる。語る。


そんな時たよりになるツール
「小冊子」

小冊子にキレイなカラー写真は必要ありません。凝った装丁もしなくて大丈夫です。文章でできるだけ専門用語を使わずにわかりやすく書く方がいいです。(中学生でもわかるように)

自分の生い立ちや仕事をしていて嬉かったこと、自分の考え方、お客様の声などを沢山入れると少しだけわかってもらえるのではないでしょうか。

お客さんが時間がない場合など、とりあえず小冊子を渡して「後で時間があるときに読んでください」というと後日電話がかかってくるかもしれません。名刺を置いてきただけではすぐ忘れられてしまいますよ。

小冊子を活用されたお客様の声、ぞくぞくと成果をあげています。

 

点線

また、
商店や通販などをしているみなさん。

小冊子はお店や製品の説明に使えます。


たとえば、その製品のこだわっているところ、その製品を売ることになったきっかけ、お店の売り・・・・等。
「無料資料あります」とか宣伝してこの小冊子をあげれば
問い合わせが増えるかもしれません。

その他にも用途いろいろ
・取説、マニュアル
・自叙伝、紀行文、文集、論文、卒業論文、会員名簿
・交流会などで名刺に添えて



このような便利な小冊子、これが
意外に簡単に安くできるようになりました。
コピーしてホチキスでとめたようなものとは違います。ちゃんとしたオフセット印刷です。

原稿はお手持ちのパソコンで作れます。

      

1.原稿の作り方

内容については当社では作れないのでお客さんの方で作って下さい。
文字が主体だと思いますので、
ワード等で作ったデータをプリントアウトして紙の状態にして下さい。
手描きでも大丈夫です。
実際に刷るときには縮小、拡大できますので、原稿はA4でもB5でもかまいません。

注意していただくことはプリントアウトのときに曲がって印字したり、端のほうに片寄ってしまってたりすると仕上がったときにそのようになってしまうことがありますので、レイアウトよくして下さい。そのまま撮影して印刷しますので。

ページ番号(ノンブル)は全ページ入れて下さい。これがないと製本するときに順番がわからなくなってしまいます。

白い紙に黒で書いて下さい。

モノクロですが
写真を入れることもできます。(追加料金になってしまいます。1点840円)
写真は文字の原稿には貼らずに別にして下さい。写真を入れるところを空けておいてどこにどのように入れるのか指示をしておいて下さい。
デジカメで撮った写真でワード等に貼り付けた場合、ご自分でプリントアウトした原稿ですと写真が黒くつぶれて汚くなることがあります。それでもかまわなければそれで良いのですが、もうちょっと写真をちゃんと見せたいという場合にはプリントアウトせずにデータそのままでいただけるとキレイにできます。(この場合は写真の追加料金はありません)

しかし、プリントアウトした原稿ではなくてデータのまま入稿する場合、ご自分のパソコンでただ保存しただけですと当社のほうで開けたときに文字化けや改行が変わるなどのトラブルがおきてしまいます。(OSのバージョン、ソフトのバージョン、プリンタードライバ、用紙設定の条件等の違いによるため)それを防ぐために
当社用の保存形式にしていただく条件がついてしまいます。その方法はこちらからご覧下さい。

ワード、エクセル、パワーポイントのデータ入稿方法について。


2.小冊子 印刷の依頼の仕方

次の1~7番を明記して宅急便などでお送りいただくか直接当社においでいただくかどちらでもよいです。
1.依頼者のお名前、住所、お電話番号
2.仕上がりのサイズ 最終的にできたときの大きさ。
A5:148×210mm
B5:182×257mm
A4:210×297mm
3.部数 50~700部(もちろんそれ以上もできます。お見積もりします。沢山作ったほうが1部単価は安くなります)
4.ページ数
5.使う紙 もし紙を変えたいとき。紙の名前や種類がわからないときは現物をつけていただき、「これと同じような紙」と指定してくださってかまいません。ただ、紙を変えると高くなってしまうので、装丁に凝ろうと思わなければおすすめしません。
6.納期 印刷物の欲しい日。
通常は原稿を頂いてから7日間(実動日数)くらいでできます。
繁忙期等、時期、原稿の状態によりもう少しお時間がかかる場合がございます。
7.納品場所 本をお送りする場所です。通常は宅急便になります。


料金は前金でお振込み下さい。

お振込み名は依頼者と同じでお願いします。
(お値段は下の料金表をごらん下さい。送料、消費税まで全て込みのお値段です。振込み手数料はお客様の負担でお願いします。すいません。)

振込み先 みずほ銀行 池袋西口支店 当座 0017963 恒信印刷(株)
      りそな銀行 板橋支店 当座 0702135 恒信印刷(株)


請求書が欲しい方はお送りいたします。
原稿を送られる場合はこちらの住所にお送り下さい。

原稿送付先
〒173-0004東京都板橋区板橋2-28-8コーシンビル3F
恒信印刷株式会社
TEL03-3964-4511



納期など確認したいので原稿をお送り頂いたらお電話かFAX、メールで御連絡下さい。
お問い合わせ、ご質問もこちらで大丈夫です。

 TEL 03-3964-4511
 FAX 03-3964-4569
 
お問い合わせはこちら top@ko-sin.co.jp


3.小冊子の仕様



小冊子 印刷
表紙:色上質特厚。色は指定して下さい。
(色上質紙色見本の参照はこちら。)


表紙と裏表紙に1色刷り(黒)です。
表紙をめっくった裏、裏表紙をめくった裏には印刷できません。

右の写真には印刷がありませんが、実際には表紙にタイトルや作成者などの文字を入れることができます。

本文:上質70kg スミ(黒)で刷ります。

製本:無線綴じ(背をのりでとめる方法。ホチキスのようなものでとめる中綴じではありません)
中綴じ(ホチキスのような針金でとめる製本)がご希望なら44ページまでならできます。


特別指定がない場合は、文章が縦書きの場合は右綴じ(右手で右にページをめくくって読む)になります。国語の教科書などがそうです。
文章が横書きの場合は左綴じになります。英語の教科書がそうです。

4.料金表

下の表の料金は、本の送料、消費税まで全て入った料金です。これ以上かかりません。
みなさんに
小冊子を活用して頂いて良くなって欲しいので、採算度外視のサービス価格です。
(あまりにも安くしてしまったので将来的に値上げするかもしれません)


・A4(210×297mm)の本はB5の20%増料金になります。
・表にない中間のページは1ランク上の価格になります。
・表紙込頁数とは表紙を4pとして本文を加えた頁数です。
・四国、中国、九州、北海道、沖縄への発送は別途発送料金が追加になります。


A5(148×210mm)仕上がり小冊子 印刷料金  単位:円
*20、28、36という縦軸は表紙込みのページ数です。表が見にくくてすいません。
小冊子印刷 料金表 A5



B5(182×257mm)仕上がり小冊子 印刷料金  単位:円
*20、24、28という縦軸は表紙込みのページ数です。表が見にくくてすいません。
小冊子印刷 料金表 B5


本(小冊子)の送料、消費税まで全て入った料金です。これ以上かかりません。


なにもしなければなにも始まりません。新しい世界は小さな一歩から始まります。
自分の文章で大丈夫。さあ、書いてみましょう!!


営業、販売のツールに是非どうぞ!
効果があるぞ、小冊子!

 

小冊子の印刷なら恒信印刷
わからないところがあったらすいません。お問い合わせ下さい。
お問い合わせご相談はお気軽に!

 TEL 03-3964-4511
 FAX 03-3964-4569


お問い合わせはこちら top@ko-sin.co.jp  
点線
当サイトはリンクフリーです。リンクはこのトップページにお願いします。 http://www.ko-sin.co.jp
ご連絡いただければ相互リンクいたします。相互リンクのご依頼はこちら  top@ko-sin.co.jp
恒信印刷バナー

 

お問い合わせフォーム