アクセスマップ | お客様の声 | サイトマップ   
コーシン出版ロゴ 皆様に支えられて創業47年。
同人誌専門印刷会社として皆様の同人ライフをサポートします!

印刷・総合TOP 印刷・総合TOP ビジネス向け印刷 ビジネス向け印刷 学生向け印刷 学生向け印刷
問い合せ情報 お問い合わせフォーム

メインメニュー

NAVIO PLUS
コーシンtwitter
無料パンフレット
無料メルマガ

コーシン出版
コーシン出版会社写真
〒173-0004
東京都板橋区板橋2-28-8
コーシンビル3階
TEL:03-3964-4511
FAX:03-3964-4569
URL:http://www.ko-sin.co.jp
E-MAIL:es1@ko-sin.co.jp

営業時間
平日9:00~18:00
(時間内に来社できない場合は
お電話下さい。
できるだけお待ちします。)
日曜・祝日は休業日となります。

イベント時の緊急連絡先
090-4003-4333

本文CTPをオススメする『3つの理由』

ここでは同人誌印刷の経験豊富なコーシン出版だからこそオススメしたいCTP印刷を紹介します。


 アイコン本文へのこだわり


「みなさまに喜んでいただける同人誌を作りたい」 私たちはいつも考えております。
点線

古くから同人誌を印刷してきているコーシンで、自信をもっておすすめできるのが本文のCTP印刷です。
カラーの印刷も綺麗に見せるためには、色々なテクニックがあり難しいのですが、意外に難しくて奥深いのが黒1色で刷る本文の印刷です。
本文を刷る時の版には大きく分けて3種類あって「ピンクマスター(紙版)」「シルバーマスター」「CTP」があります。この他に「オンデマンド印刷」という版を使わない方法もありますが、これはオフセット印刷ではありません。
それぞれ長所、短所があり、色々な場面で使い分けるのが良い方法なので、一概にどれが一番良い方法とは言い切れません。コーシンでも使い分けています。

では、なぜCTP印刷をおすすめするかと言うと、これからお話する3つの理由があるからです。


POINT1 圧倒的な仕上がりの綺麗さ
点線

CTP印刷は本文1色を刷る場合、現時点の印刷方法の中で考えられる一番高品質な印刷方法です。
原稿から直接アルミで出来たPS版というものに焼き付けます。
これはピンクマスターなどの版に比べ精度が全然違います。
簡単に言うと細かい線まで綺麗に再現できるのです。
コーシンの場合は印刷機も違います。
色々と検討した結果、国産のメーカーなのですが、この機械の方式が同人誌の印刷には一番適しています。もうこれしかないって感じです。
専門的なことなのでお話しても難しいとは思いますが、要するに圧力のかかり具合とその方式に特長があるのです。
そして、もう何万点、何十万点刷ったかわからない同人誌の印刷に熟練したスタッフが製版、印刷するので汚いはずがありません。


POINT2 それなのに安い
点線

いくら綺麗でも手の届かないようなお値段になったら意味がありません。
皆様に喜んでいただくためには綺麗でしかもお手ごろ価格で作らなくてはなりません。
ここまで書いて言うのは申し訳ないのですが、コーシンでは700部以上の発注からは自動的にこのCTP印刷になります。ご希望なら500部からもできます。
なのですみませんが700部未満の発注の場合はピンクマスターのような紙版の方が安いです。
しかし、部数が多くなるとCTP印刷はどんどん割安になっていきます。
部数の大きい方が安く作れるのはコーシンの大きな特長の一つです。
なんでこんなに安いのかは企業秘密。
沢山の部数を作られる方、是非今までのお値段と比べてみて、その安さにびっくりして下さい。今までずいぶん損してませんでしたか?
また、1度製版作業を行ったものであれば、出力時間が短くなるため、初回よりも割安になります。


POINT3 こだわり
点線

今初めて公開しますが、実はアナログで頂いた場合の原稿は全てのページをチェックしてトーンの浮きなどがあるとこすって密着させています。
これはデータでも同様なのですが文字切れや台詞の抜け、なにか気になるところ、変なところがないかもチェックします。
正直言うとこの作業は時間がかかります。大変です。
ですが、せっかくお客様がお金を出して作るのですから出来ることは出来るだけやります。(でも人間が目でチェックしているので見逃していたらごめんなさい)
アナログ原稿の場合は1度フィルム製版に焼き付けた後に、PS版というアルミ版に焼き付けますが
こちらもやはり印刷に適した綺麗なものとなります。
コーシンは一般の商業印刷も沢山やっていますが同人誌には同人誌のこだわりがあると思うのです。
どこをどう見るか、どこを重要視するかポイントがそれぞれあると思います。


以上のような理由で本文CTP印刷をオススメします。
まだご利用いただいていない方、一度試してみませんか?